ストーカー調査を行う探偵の仕事

ストーカー被害が広く知られるようになってからは、
警察にもストーカーに関する問い合わせが多くなったといいますが、
警察には民事不介入の縛りがあり、
明確な事件にならない限りは、親身に対策してくれないといいます。

 

そこで力になってくれるのが探偵事務所で、警察では出来ないストーカー対策を行うことで、
事件が起きる前にストーカーの被害から身を守ることが出来ます。

 

探偵によるストーカー対策は、
まずストーカー被害に合わないためのサポートを行うことから始まります。

 

プロのスタッフによる巡回警備や、盗聴器・盗撮用カメラの調査など、
ストーカーが行う恐れがある行為を徹底的に調査して、
それらの被害に遭わないように様々な形で依頼者をガードします。

 

依頼者のガードを行いつつ、
ストーカーが誰なのかを特定することも、探偵のストーカー対策の一つです。

 

周辺で不審な行為をしている人がいれば、その人についても調査を行い、
証拠が集まったところで警察に報告すれば、状況にもよりますが、
被害届を提出して法的処置を取ることも可能となります。

 

個人での証拠集めは、危険を伴うこともあるので、
専門家である探偵に依頼すれば、安心して証拠を集めることが出来ます。

 

探偵のストーカー対策の一環として、
依頼者への指導やカウンセリングも多くの事務所が実施しています。

 

例えばストーカーに対してどう接すればいいのかなどを知ることが可能になるほか、
ストーカーが見つかった後、日常生活をどう送れば良いのかなど、
アフターケアもしっかり行っているので、
ストーカーが怖くて外にも出られないという方は、是非探偵事務所に依頼してみてください。